スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四苦八苦と六根清浄

昨夜つい、四苦八苦について書きますねなんて書いてしましましたが、
そんなに深く掘り下げる力などないのであっさりと・・・

四苦八苦の四苦は

生・老・病・死 ですよね。

生 人として生れ落ちた時点から、さまざまな苦しみを抱えて生きていくことになります。
つまり、人生の事で、その人生という旅路の中で、だれもが、様々な困難を経験します。
老・病・死も避けられぬ苦として捕らえますよね。
老いたくない。病気になりたくない。死にたくない。でも人間の死亡率は、100%です。

この四苦という部分は、人間の生命にかかわる部分の苦しみです
一方、八苦の部分は、人の心、意識から出てくる苦しみです

まづ一つ目から三つ目まで

愛別離苦(あいべつりく 
どんなに愛している人、大好きな人とも必ずいつか別れなければいけない苦しみ。
一生寄り添っても、必ず死が訪れます。

怨憎会苦(おんぞうえく
会いたくないと思っている人に必ず会わなければいけない苦しみ
会社の上司、取引先の相手なんかにいませんか?
この人には絶対会いたくないと思っている人にばったり会ったりしますよね。

求不得苦(きゅうふえく・ぐふえく)求めても求めても得ることが出来ない苦しみ。
大好きな彼女・彼氏がいるのに自分に気づいてくれない。な~んて!

さらに、
五蘊情苦(ごうんじょうく)  色・受・想・行・識  人間の五感によるところからくる苦しみ
  見る・聞く・触る・思う・知る

このことが、四苦八苦です。 

ですから、この世に生まれてきたということはこれらの苦しみを学習しにやってきていると考えるほうがよいと思います。

この学習の参考書になるのが、

六根清浄です


六根清浄の大祓い 

天照大神(あまてらすおおみかみ)の宣く。

人はすなわち 天が下の神物(みたまもの)なり。

すべからく静まることをつかさどる心は すなわち神明(かみとかみ) との本主(もとのあるじ)たり。

心神(わがたましい)をいたましむることのゆえに。

眼に諸々の不浄を見て 心に諸々の不浄を見ず。

耳に諸々の不浄を聞きて 心に諸々の不浄を聞かず。

鼻に諸々の不浄を嗅ぎて 心に諸々の不浄を嗅がず。

口に諸々の不浄を言いて 心に諸々の不浄を言わず。

身に諸々の不浄を触れて 心に諸々の不浄を触れず。

意(こころ)に諸々の不浄を思うて 心に諸々の不浄を思わず。

この時に清く潔ぎよきことあり。

諸々の法(のり)は 影と 像(かたち)のごとく

清く淨ければ 仮にも穢るる(けがるる)こと無し。

説(こと)を取らば得(う)べからず。

皆 花よりぞ木の実とは生る(なる)。

わが身はすなわち六根清浄なり。

六根清浄なるがゆえに 五臓の神君(しんくん) 安寧(あんねい)なり。

五臓の神君 安寧なるがゆえに 天地の神と同根(どうこん)なり。

天地の神と同根なるがゆえに 万物の霊と同体なり。

万物の霊と同体なるがゆえに 成すところの願いとして 成就せずということ無し。

無上霊宝神道加持(むじょうれいほうしんとうかじ)



 
この身は、天が与えた宝物です。
だからあなたに起こった事象で いやなことつらいことは心に留めず、流しなさい。
そうやって心をいつもきれいにでjきたら、あなたは六根が清浄されるでしょう。
六根清浄が出来ていれば、内臓を動かしている神様が喜んであなたの身体をきれいで穏やかにしてくれる。
あなたの身体と心が穏やかなので、天地をつかさどっている神様と心同じに出来る。
転地をつかさどっている神様と心同じになれるから、全宇宙の霊と(魂)同じになれる。
全宇宙をつかさどっている霊(魂)と同じ心を持っているので、・・なすところの願いとして成就せずということなし・・願いを立てれば必ず実現する。

四苦八苦は、おあたえです、六根清浄はその解決法です。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

タカさん
コメントありがとうございます。
なかなか濃い御意見ありがとうございました。

ずいぶん前の話ですが、ある医学会で、死後体温の討論会があったそうです。
死後体温は、上がるのかそれとも下がるのか
外科医は死後体温は経験上上昇する。
内科医は死後体温は経験上下降するという意見が多かったそうです。


外科医の経験の場合、事故死、手術をした後の死が多いのです。
つまり、そのような場合本人の意思とは別のところで死んでしまう。
とまり、俗に言う「不業の死」 臓器や、細胞は健康なのにある特定の作用で死に至るわけです。からだはまだ生きていけるのに「死」に至らしめられる。

内科医の経験の場合は、細胞や内臓などの生命力の自然な低下に伴う「死」たとえば慢性疾患や老衰など、これについては、体全体の機能と生命力の低下にともい体温も低下する、そして火が消えるように「死」を迎える。

というお話を聞き妙に納得しました。

No title

「生きることほど辛いことはない」と、生きている人は言います。
でも死ぬ瞬間の人はなぜか「もっと生きたい」と言うのですね。
今もし死んでる人の言葉が聞けるのなら彼らは、
「生きることほど辛いことは無い。」
と言い、「ただ、生きることほど幸せなことは無い。」と付け加えるのでしょうね。
プロフィール

小池良三

Author:小池良三
1955年兵庫県明石市生まれ
しし座
B型
現在 左半身麻痺
家族3人

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。